よくあるご質問

HOME | よくあるご質問

よくあるご質問


Q,ドライクリーニングは何で洗うの?

A,ドライクリーニングはお水を使いません。石油系溶剤や水ではない液体(有機溶剤)を使用。乾燥時間、洗う時間等、お品物に合わせてクリーニングしています。


Q,ドライクリーニングの長所と短所は?

A,長所・皮脂等の油性汚れがよく落ちる。型崩れ縮が起こりにくい。風合いが変化しにくく生地を傷目ない。短所・汗などの水溶性の汚れが落ちにくい。接着してある飾りボタンなどが取れやすいのでご注意下さい。


Q,クリーニングに出すときの注意点は?

A,付属品、フード、ベルト、ファーの有無。(ベルト通しがあってベルトがない場合は無しを付ける・その他の付属品も同様。)ポケットの中身。破れ、シミのご確認下さい。


Q,シミを付けてしまった時のアドバイスは?

A,こすらず、ハンカチ、ティシュ等ですばやく押さえて吸い取る。絶対にこすらない。おしぼりで拭かない。シミの場所に熱を加えない。(アイロン、ドライヤー等)なるべく早くクリーニング店へお持ち下さい。


Q,しみ抜きを頼めばどんなシミでも落ちる?

A,特殊なシミや時間経過、熱などによって変化したシミは落とせないことがあります。また生地の状態によっては、しみ抜き処理が行えない場合もあります。


Q,預かり票をなくしてしまった場合は?

A,ご本人さまが運転免許証、健康保険証などご本人であることを確認できる書類を店頭にお持ちください。受領書にサインをいただきお預かり品をお渡しします。


Q,着用シーズンの前と後、クリーニングに出すタイミングはどちらがいい?

Aシミは時間の経過と共に落ちにくくなる。汚れが付いたまま収納すると、カビや変色、虫食いの原因にもなるので、着用シーズン後のクリーニングがおすすめします。


Q,クリーニング品に被せてあるポリ袋、そのままでいいの?

A,そのままの保管はカビの原因になります。クリーニングのポリカバーは保管用ではなく、仕上がったものを汚さずにお持ち帰りいただくための包装です。そのまま収納すると湿気がこもり、カビが生えやすい条件を作ってしまうことがあります。また、ポリカバー中の成分によって、衣類が変色することもあります。保管するときは、ポリカバーをはずし市販の不織布カバー(当社でも販売しています)を使うか、古いシーツなどを利用した手作りのカバーをかけておくことをおすすめします。